読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホロログ

腕時計を買う前に見てほしいサイト

【腕時計】元時計販売員のおすすめ時計を大公開!!

デイトナ

 


ロレックス

コスモグラフデイトナ

 

 f:id:watchboy24:20161031195017j:plain

(http://takayama78online.jp/shop/g/g2016323370018/より引用) 

 

「ロレックス」というと「高級時計」の代名詞とまで位置づけされているほどで、「ロレックス」という名前を一度も耳にしたことがない人はいないのではないでしょうか

 

 

 

そんなロレックスにもピンからキリまでありまして、安いものだと中古で20万円程で購入できるモデルまであります。

 

 

逆に高いものだと1000万円を超えるものまで!!

 

 

腕時計とは人の品格を反映させるもの、悪く言うと見栄を張るもの

 

 

時には男を品定めする一つのキーポイントになったりします。

 

 

「ロレックスでも「エアキング」はダメ、最低でも「サブマリーナ」ぐらいじゃないと」…と男を品定めする女性もいるとかいないとか…

 

 

今回はそのロレックスのモデルの中でも最上位に位置するモデル「デイトナ」について語っていきたいと思います。

 

 

このロレックスのデイトナは1960年代前半ごろに登場したロレックス発のクロノグラフモデルです。

クロノグラフとは? - ホロログ

 

そしてこの「デイトナ」という名前の由来ですが、アメリカのフロリダ州にあるデイトナビーチに由来しています。

 

 

かつてそこでモータースポーツのレースが行われており、「デイトナ=モータースポーツ」という意識がアメリカでは根強く残っています。

 

 

こちらの記事でも少し触れましたが、ロレックス社は当初クロノグラフのキャリバーを作ることができなかった、そのため初期のデイトナには「エタ」社のキャリバーが使われています。

 

 

その後、ゼニス社の名機「エル・プリメロ」がデイトナのキャリバーとして使われるわけです。

 

 

今でもロレックスのマニアの中では旧型のデイトナが人気を誇っており、新型と変わらないぐらいの値段かそれ以上の価格で取引されています。

 

 

そんなデイトナは今ではロレックス社独自のクロノグラフキャリバーで生産されています。

 

 

それが新型デイトナです。

 

 

そしてそのデイトナの人気は日本でももちろん高く数多くの有名人も愛用しています。

 

 

例をあげると…

 


SMAP木村拓哉
ダウンタウン松本人志
小栗旬
竹野内豊
ロンドンブーツ田村淳
反町隆史
ナインティナイン”矢部浩之
etc…

 

とそうそうたるメンバー!

 

 

そんなデイトナの価格は最低でも100万円前後

 

 

SMAPの木村拓哉氏が愛用しているものは1000万円ぐらいでしょうか!

 

 

こちらがその愛用されているモデル(型番116506)
通称「アイスブルー」と呼ばれており素材はプラチナを使用しています。

 

 

こちら↓ 

 

 

f:id:watchboy24:20161031192959j:plain

http://takayama78online.jp/shop/g/g9150276310011/より引用)

 


かっこいいですね!

 

他にもゴールドでできた金無垢モデルやインデックスがダイヤモンドのものもあります。

 

他にもデイトナを見たい方は楽天やアマゾンで調べるとたくさん出てきますので興味のある方はご覧ください。

 

こちらからどうぞ↓

 

 

「デイトナ」や型番の「11650?」「1650?」で調べるとたくさん出ます。

型番の「?」の部分には「0~9」のいずれかの番号を入れてください。

 

それぞれ

0 ステンレススティール
1 ピンクゴールド/ステンレススティール
2 プラチナ/ステンレススティール(ロレジウム)
3 イエローゴールド/ステンレススティール
4 ホワイトゴールド/ステンレススティール
5 ピンクゴールド
6 プラチナ
8 イエローゴールド
9 ホワイトゴールド

 

の素材となります。